脂性の男性は洗浄力重視で

脂性の男性は洗浄力重視で洗顔フォームを選ぶ傾向があります。確かに平均よりも分泌される汗や皮脂の量が多い場合、洗浄力がある程度強い洗顔フォームではないと汚れをきちんと落とすことができません。ただ、あまりにも洗浄力が強いものや刺激も強いものは、余計ギトギト肌になる可能性が強いので注意が必要です。

なぜなら、あまりにも強力な洗顔フォームの場合、肌に必要な潤いまで奪い去ってしまうからです。皮脂を分泌する皮脂腺はとても敏感なので、肌が乾いていると察知するとすぐに潤いを与えるためにも皮脂を大量に分泌し始めます。そのため、脂性肌用の洗顔フォームを使ってしっかり洗っているのにも関わらず、洗えば洗うほど肌がカサカサし、乾燥肌と脂性肌が進行する悪循環に陥るパターンも珍しくありません。

そのため、脂性肌の男性は皮脂腺を刺激しないように顔を洗うことが大切です。ベントナイトやクレイミネラル、マリンシルトなどのクレイも肌に優しく洗うことができる天然の洗浄成分です。

また、低刺激性で保湿性が高い洗顔フォームを使っていても、洗い方に問題があればせっかくの潤い力が台無しになってしまいます。予備洗いで丁寧に肌を潤しゴシゴシ擦らないようにして洗いましょう。

男性に人気があるメンソール入りの洗顔料もすっきり感は抜群ですが、脂性肌にはあまりおすすめすることができません。なぜならメンソールは皮膚に残る水分まで蒸発させてしまうため、乾燥によって皮脂分泌量が増える可能性があるからです。

マイルドに作用する洗浄成分の洗顔料を使っても、洗顔時はセラミドなどの潤い成分が流失しやすいものです。肌に負担をかけにくい洗浄成分を選ぶと同時に、保湿成分もたっぷりブレンドしているタイプを選びましょう。

男性は女性ほど洗顔後のスキンケアに熱心ではないので、洗顔しながら保湿できるタイプのものがぴったりです。ヒアルロン酸やコラーゲン、シルクなど潤い成分が多い洗顔フォームを選び、肌質改善を目指しましょう。詳しく調べたい方はこちら>>>>>https://xn--eckl1c9ixb9bwdx154dgdoe29box2c.site/